PGAとは!! 商品紹介 取り扱い店舗の紹介 ショップサイト「カネイチ」へ
ようこそ!!
ホームページへ戻る


納豆の糸引き成分と同じであるポリグルタミン酸(PGA)は、お肌の角質層に存在する天然保湿因子(NMF:ナチュラル・モイスチャー・ファクター)を活性化します。これにより、肌本来の機能を回復させ、継続的な保湿効果を与える働きがあります。
ポリグルタミン酸(PGA)は納豆のような独特のにおいはなく、ネバネバ感やベタつき感はありません。


ヒアルロン酸は、皮膚を保水力の高い膜で覆って乾燥を防ぐ、皮膜型の保湿成分であるのに対して、ポリグルタミン酸は天然保湿因子(NMF)を産生させることで、肌本来の継続的な保湿機能を向上させる機能改善型の保湿成分です。
ヒアルロン酸1gは水6Lを吸収すると言われますが、ポリグルタミン酸の水分保持力は、ヒアルロン酸より優れています。

  

ポリグルタミン酸(PGA)をお肌に馴染ませることで表皮から角質層に浸透し、肌本来の天然保湿因子(NMF)を補い肌の保湿力を高めます。角質層に存在する天然保湿因子の中でアミノ酸は約40%を占める重要な保水成分であるとされており、その中でも約25%と最も多く存在するセリンは保水力が強いため角質の水分保持にかかせないものであります。ポリグルタミン酸の塗布により角質層中のセリン含量が上昇し、お肌の保水力向上の一助になっていると考えられます。

        

         肌の断面図(PGAが角質層に浸透するしくみ)


   
ポリグルタミン酸(PGA)をお肌に馴染ませることで肌をツルツルした膜で覆い、表皮のバリア機能を高めます。これにより、お肌の表面のうるおいベールと内側からの水分維持で透明感と弾力性のある素肌へと導いてくれます。お肌の角質層は約4週間のサイクルで新しいものに入れ代わるといわれておりますから、毎日塗布することで、自然なみずみずしいお肌へと導かれます。


Copyright (C) 2004 KANEICHI PHARMACEUTICAL CO.,LTD,All Rights Reserved